猫の毛玉症

毛玉症の便秘への影響

猫は自分で毛づくろいをするのでどうしても毛を飲み込んでしまいます。ひどい場合、腸管内で毛玉として固まってしまい、吐き出したり、便として排出できなくなり毛玉症となります。毛玉症になると、猫は、便秘、おう吐、食欲不振に陥りますので注意が必要です。抜け毛の多い季節や、長毛種ではあらかじめ、ブラッシングをよくしてやることで、飲み込む毛の量を少しでも減らしてやることが予防につながります。

 

また、お腹の中の毛玉を取り除いてやることも予防となります。市販で毛玉の排出をうながすお薬、つまり軽い下剤が市販されていますので、これを使うのが便利です。定期的に使用して毛玉がお腹に留まらないようにしてなるのがいいと思います。

猫用毛玉消化チュアブルは、消化管の機能をサポートして、毛玉を防ぐための猫用のチュアブルタブレットです。猫用毛玉消化チュアブルに配合されている天然の潤滑成分が、猫の健康な消化管を維持しながら、毛玉の排出を助けます。

【Vets+Best】猫用毛玉消化チュアブル (Hairball Relief Digestive Aid)

ラクサペットジェルは、犬、猫用の軽度のジェルタイプの下剤です。軽い便秘や、毛づくろいにより毛玉を飲み込み続けてしまったときに起きる毛球症の予防・改善効果が期待できます。犬も猫も食べやすいキャラメル風味となります。食べるタイプのお薬なので、投薬が簡単です。

Laxapetgel100g

The following two tabs change content below.

goi01

猫の便秘を長年検討してきた専門家。きっと、猫の健康改善にお役立てできるものと自負しています。