整腸剤の便秘への効果

整腸剤とはなんなのか?


整腸剤。よく聞きます。整腸剤で有名なのはビオフェルミンやわかもとなどです。
整腸剤は、なにかというと、「腸を整えるもの」です。そのまんまですが、整腸剤の主原料は、ビフィズス菌、乳酸菌なのです。お薬というよりは、どちらかというとサプリメントに近いような気がします。
人間や猫や犬などの動物にとって、胃腸の調子を保つことはとても大事なことです。私は急性胃腸炎になったことがありますが、お腹が痛い、具合が悪いということはとても日々の活動に支障を与えます。整腸剤はこんな状況のときに服用し、胃腸の調子を改善します。

 

整腸剤が便秘に効果がある仕組み

整腸剤がなぜ、胃腸の調子を整えることができるかというと、それは「腸内フローラ」の状況を改善するからです。人間、猫などの動物の胃腸には「善玉菌」、「悪玉菌」と「日和見菌」が生息しています。この中の「善玉菌」の量を増やしてあげることで、腸の活動を良くできます。
整腸剤を服用することによって、「善玉菌」の量を増やすことができ、結果として、胃腸の調子がよくなります。その結果として、便秘が改善される、というわけです。もちろん、便秘だけではなく、お腹がゆるい、下痢気味という方にも効果を発揮します。

 

整腸剤は長期間使用しないと効果がない!

整腸剤はどちらかというと、お薬ではないので、便秘なので、整腸剤を飲んですぐ効果がある、ということは期待しない方がいいようです。
整腸剤は長期間飲んで効果が出てくるという類のものです。少なくても2週間ぐらいは飲み続ける必要があるとのこと。腸内フローラの状況改善はすぐには無理なようで、ある程度の時間がかかるというわけです。もちろん、すぐに効果が出る人もいるでしょうが、整腸剤の仕組みを考えれば、時間がかかるのも納得です。
「整腸剤の〇〇〇は全然効かないじゃん!」と聞いたことがありますが、それはおそらく、すぐに効果を期待したがなかった、ということかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

goi01

猫の便秘を長年検討してきた専門家。きっと、猫の健康改善にお役立てできるものと自負しています。