オリーブオイルは猫の便秘に効果ある?

オリーブオイル(脂質)を与えても、猫は大丈夫か?

猫の便秘対策として、猫にオリーブオイルを与える、という情報がよく載っています。知らなかったのですが、人間の場合も、オリーブオイルを摂取すると便秘が改善されるそうです。
猫にオリーブオイルといっても、綿棒にオリーブオイルをつけて猫のお尻にブスッとさす、というお尻の刺激のお話ではありません。オリーブオイルを摂取するというお話です。

猫に与えてはいけない食べ物リストがありますが、これを確認したところ、オリーブオイルは含まれていないようでした。後述のように、オリーブオイルは、オレイン酸がたくさん含まれており、魚にも含まれているくらいですから、問題ないのでしょう。 ただし、オリーブオイルは「油」なのでカロリーが高く(大さじ1杯で111kcal)、与えすぎは禁物と思われます。

 

体によいオリーブオイル

調べてみると、人間の場合、便秘の場合、オリーブオイルをとると便秘が改善する、という情報がネット上でもいくつか見られます。
オリーブオイルといえば、体にいい、というイメージがあります。スペインやイタリアでは、毎朝スプーン1杯のオリーブオイルをとることで健康を作る習慣があるのだとか。そういえば、イタリアに行ったとき、パンを食べる際にオリーブオイルにつけて食べる、ということをしました。オリーブオイルは油なので、「えっ、油をつけて食べるの?」と思ったものです。これがおいしいかどうかは、微妙な感じでしたが。
料理でも、普通のサラダ油よりは、オリーブオイルの方が体によい、ということになっています。よくいわれますのが、次のようなものです。

・抗酸化作用。
・血液がサラサラになる。
・動脈硬化・心筋梗塞を防ぐ。
・悪玉コレステロールを減少させる。
・便秘の改善      などなど

以上は人間に対しての効果ですが、猫の場合も、これに近い効果が期待できるのかもしれません。

 

オリーブオイルが猫の便秘に効く理由とは?

オリーブオイルが猫の便秘に効く、主な理由は、便が軟らかくなる、便のすべりが良くなる、腸の働きがよくなる、といったことがあるようです。

「便が軟らかくなる」、「便のすべりが良くなる」というのは、オリーブオイルは油なので、なるほど、そうかもしれないなあ、という感じがします。水分を取っても同じような効果がありそうな気もしますが、より効果的なのかもしれません。

オリーブオイルは他のサラダ油などとの違いの一つは含まれるオレイン酸の量です。オレイン酸は腸で吸収されにくいので、腸の活動が高まり、結果として便秘に効果があるそうです。

 

オリーブオイル以外の油での効果がありますか?

飼い主宅で、普段から、オリーブオイルを料理に使っていれば、猫にちょっとあげることができますが、すぐにない場合、ほかの油を使うことができるのでしょうか?
「便が軟らかくなる」、「便のすべりが良くなる」ということを狙うのであれば、他の油でもよさそうです。サラダ油ということになるのでしょう。その猫の好みによると思いますが、ゴマ油などニオイの強いものは猫が嫌がるかもしれません。油ならなんでもいいか、ということにはならないでしょう。

 

まとめ

猫にオリーブオイルを与えて便秘が改善した、との情報がネット上で見かけられます。上記のように、人間での便秘への効果があるので、猫にも効果はありそうです。
ただし、高カロリーなオリーブオイルをしょっちゅう、猫に与えるのはどうかと思います。人間の場合でも、カロリーを気にして油の摂取を控えているのに、便秘に効くからと、ハイカロリーなオリーブオイルを頻繁にあげるのはかなり問題があるように思います。体重あたりの摂取量を考えてみたときに、猫に、人間がとるのと同じぐらいのオリーブオイルを与えるのは、いかに多いかがわかるでしょう。
一時的な便秘の対処ということであれば、オリーブオイルを与えるのはいいかもしれませんが、長期的な便秘の改善ということであれば、整腸剤などの腸の正常化ということを狙って、長期的な取り組みをする方がいいと思います。

どうしてもオリーブオイルを検討したい場合は、獣医師の先生に相談すべきです。与えてよいかどうか微妙なオリーブオイルよりは、猫用のサプリメントを与える方が賢明でしょう。

The following two tabs change content below.

goi01

猫の便秘改善について長年検討してきた専門家。きっと、猫の便秘改善に役立てられると自負しています。

最新記事 by goi01 (全て見る)